読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北国大学生の雑記帳

とある地方大学生です

日本にもカジノができるということで楽しみ。でも本当に日本にカジノできていいの?

カジノ法案が最近衆議院にて可決された。異例のスピードでの可決だったようで、いろいろと批判があがってるみたいだ。今回はカジノの是非について考えてみる。

 

自分としても海外旅行に行ってやってみたいことの一つにカジノがあるので興味のある話題であり、日本でできるなんていいじゃん!と思う。

さて、個人的な嗜好の話は置いておいても、カジノは社会的にみても悪いものではないのではというように感じた。安倍政権は日銀の低金利政策や異次元の金融緩和政策などで積極的に国民の消費を促進しようとしているが、カジノができればきっと消費は活発になり経済の周りがよくなるのだろう。

 

 

だが、問題も内包していることは否めない。周辺地域の風紀の乱れやカジノ以外での消費の落ち込み賭博依存の増加なんかが上がるんじゃないだろうか。それぞれについて簡単に考えてみる。

 

風紀の乱れに関してであるが、カジノはパチンコなどの既存の賭博場と違って国公認なので政府主導で徹底的に反社会勢力の排除を行えば問題は生じないように思う。

 

個人消費の落ち込みによる失業者の発生について。これは現在よく聞く「近くにイオンができてしまって商店街が潰れてしまった」という話を思い出させる。だが、損をした分、得をする人もいるわけで、全体としてはそれらの額は同額になるはずである。したがってそのような問題は起きないのではないかと予想する。

 

最後に賭博依存の増加について。自己責任だから知らん!と一喝してしまえばそれはそれで正しいのかもしれない。カジノで得た収益の一部でも賭博依存の対策に充てる必要はないという考え方もできるかもしれない。でもあえて考えてみる。

もし賭博依存になりやすい体質というのがあり、それがアトピー性喘息などのようにある一定の人口にランダムに割り振られるものだと仮定する。その場合今回のカジノ建設は喘息患者にとっての工場建設を意味するのではないだろうか。工場建設によって生活を貶めてしまった近隣の喘息患者への手当ては工場の建設者が払うべきだということに異論を唱える人はいないだろう。したがって今回もカジノの建設者たる政府が賭博依存の防止にある程度の予算を充てるのが妥当だろう。

 

 

 

いろいろと書いてきたが、カジノを建てることによって効用は損失を補って余りあると思う。税収も増して社会保障も充実する可能性があるし。

実現したらぜひ遊びに行きたい。